休んでいた期間中、舞台や映画を観て演技の勉強をしていたそう。「HKT48の先輩の多田愛佳さんの舞台を観に行きました。アイドルとは違う愛ちゃんになっていて感動しました。だから、変わったなという部分を私も観てほしいですね」。HKTメンバーは舞台を観に来てくれるという。「メンバーは観に来たいと言ってくれてます。いっぱい呼びたいですね。松岡菜摘ちゃんや、森保まどかちゃん、本村碧唯ちゃんも言ってくれました」と明かす。ただ「すごく楽しみ」としつつも「来るって言わずに来てほしい。緊張するから(笑)。感想とか言われるのが恥ずかしい…」と照れた。
「休養期間は私にとって、すごく大事な時間でした」と振り返る。14歳でHKT48に合格し、そこからトップアイドルとして全力投球する日々だった。「私は『頑張り続けることが正義』と思っていた。子どもだったから、わからないことがたくさんありすぎた」といつの間にか、自分でも知らいないところでオーバーワークに陥った。「ずっと一生懸命に走り続けるのではなく、上手な自分の休め方、スタイルを見直すきっかけになりました。自分を甘やかす時間も必要。バランスを取ることも大事。もし、これから忙しく、目まぐるしい毎日が来ても、上手な息抜きの仕方を習得できたかな」。どんな状況になっても“休む”大切さを学んだ兒玉は大丈夫だ。
「女優という言葉の雰囲気にとらわれないで、ファンのみなさんとの距離感を大事にしたい。機会があれば歌にも挑戦したいですし。とにかく今はやれることに何でも挑戦したいです」