宮脇咲良「最後の出馬」決めた理由 盟友・兒玉、恩師・指原の想い背負う
https://www.j-cast.com/2018/05/24329551.html

ポスターの中の宮脇さんは、勲章のようなものが沢山ついた紺の上着姿でベレー帽をかぶり、「HKT」の刺繍が入った旗を掲げている。宮脇さんの左右には「博多で獲った旗は」「博多が引き継ぐ」の文字が大きく入った。

   ファンの間の見立ては大きく3つ。衣装は「大人列車」(2015年)のもので、これは兒玉さんがセンターを務めた曲だ。紺のベレー帽は、まさに「大人列車」で兒玉さんが身に着けていたものだとみられる。宮脇さんは兒玉さんと同期で「盟友」と呼ばれることもあり、宮脇さんが兒玉さんの思いも背負って出馬したと受け止める兒玉さんファンも多いようだ。

   旗は、HKT48の公演「パジャマドライブ」の中の楽曲「鏡の中のジャンヌダルク」で、指原さんが掲げていたものだとみられる。まさに指原さんから「旗を引き継ぐ」というわけだ。


この日の番組では、兒玉さんについて「はるっぴも出馬しなかったので...」と触れるだけだったが、最後に宮脇さんが流した楽曲は、兒玉さんがセンターの「大人列車」だった。


no title